イベント情報

蝶の相談会

蝶の飼育観察について質問や相談に、蝶を専門とする先生(むなかた仙人)が直接お答えします。
7月30日の飼育観察教室でお配りした幼虫(キアゲハ・ツマグロヒョウモン)以外についても対応可能です。
どうぞお気軽においで下さい。
【場所】海の道むなかた館 講義室
【住所】宗像市深田588
【日時】8月20日(日) 10:00~12:00
【申込】予約不要
【料金】無料
ツマグロヒョウモンの食草のスミレがなくなって困っている方には、スミレを差し上げます。ご希望の方は「むなかた仙人に聞くコーナー」からお知らせください。
※数に限りがございます。受け渡し方法については別途相談させてください。
※野生のスミレ採取については以下のQ&A回答も参考になさってください。
チョウの観察ノートの提出締め切りは9月21日(木)必着です。
海の道むなかた館まで、直接持参頂くか、ご郵送ください。
(〒811-3504 福岡県宗像市深田588 蝶の観察飼育教室 担当宛)

審査結果は本特別展のページにて公開致します。また、受賞の方には公開前に別途ご連絡致します。

活動予定(2017年度)

7月30日(日)
※終了しました
蝶の観察飼育教室を開催します
場所:海の道むなかた館
8月20日(日)
蝶の相談会を開催します
蝶の飼育観察に関する質問や相談に、蝶のむなかた仙人(先生)が直接お答えします。
場所:海の道むなかた館 (講義室・予約不要)
10月8日(日)
アサギマダラの観察会を実施します
詳細が決まり次第、本ページにてお知らせしていきます。

「ツマグロヒョウモンの幼虫を育てているのですが、(食草である)スミレを採取できる場所があれば、教えていただけますか?」

「この時期(8月)、園芸店でスミレ科の植物を見つけることは難しく、野生のものを見つけなければなりません。ただ、8月は花を咲かせていないため、葉のかたちで見つける必要があります。
スミレと確信が持てなくても、ツマグロヒョウモンの幼虫は、スミレの仲間(パンジーやビオラを含む)以外まったく食べませんので、とりあえず入れてみて食べてくれるか見てみるのも一手です。
宗像市内では、正助ふるさと村の大駐車場(売店「にんじん」がある)の上のほうの遊歩道沿いのほか、新立山の登山口付近や休耕田の土手などに見られました。写真は地図赤印の部分で8月8日に見つけたスミレの仲間です。
ほかの雑草にまぎれてしまうことが多い時期ですが、田の畔や農道脇で見つかります。」