City MUNAKATA Digital Archives
          
    サイトマップ  お問い合わせ
 
トップページむなかたヒストリー探検隊 -沖ノ島特集-
     
  タイトル_むなかたヒストリー探検隊タイトル_むなかたヒストリー探検隊
 第1回 「宗像の歴史を今に伝える伝説の島」  
 

沖ノ島の位置

沖ノ島

 沖ノ島は辺津宮(へつみや)の前を流れる釣川河口の神湊(こうのみなと)から57キロ、中津宮の大島から49キロの所にあります。(図1)


(図1)

 また、島は東西約1キロ、南北0.5キロ、周囲約4キロあり、南側の波止1ヶ所を除くと周囲は険しい断崖に囲まれた玄界灘(げんかいなだ)にある孤島で、古代から一般の人が近づけない特別な島です。(写真1)

 


沖ノ島_上空
(写真1)


宗像三女神iconのうち田心姫神(たごりひめのかみ)が祀られています。 

icon メモ
【宗像三女神】
田島の辺津宮(へつみや)では市杵嶋姫神(いちきしまひめのかみ)を、大島の中津宮(なかつみや)では湍津姫神(たぎつひめのかみ)をまた、沖ノ島の沖津宮(おきつみや)では田心姫神(たごりひめのかみ)が祀られています。このことは、『古事記』・『日本書紀』に記されています。


icon_rupe
沖ノ島を別な角度から見たい時使いなさい。

 

 
前のページ 次のページ


Copyright(c)Munakata Digital Musium All rights reserved.無断転載禁止
むなかた電子博物館はむなかた電子博物館運営委員会が運営・企画しています。


サイト内検索

history 歴史
culture 文化
nature 自然

仙人の七つ道具
  仙人のふしぎ地図

ご意見ボックス

早わかり宗像ナビ
むなかたギャラリー
むなかたヒストリー探検隊
このサイトはFlashプラグインが必要です。こちらからダウンロードしてご覧ください。