City MUNAKATA Digital Archives
          
    サイトマップ  お問い合わせ
 
トップページ 自然
     
  14/06/09   北斗の水くみを茶の間で体験

2014年5月29日(木)

北斗の水くみを茶の間で体験

 福岡県・宗像地域では、世界的にも珍しい「北斗七星が水を汲む」様子を見ることができます。

 天文愛好家の間では知られていたこの天体ショーを、もっと身近に、いつでも自由に観察ができるようにと、運営委員会は宗像市内にオフィスを持つ「マージシステム株式会社」の協力を得て撮影システムを作成しました。
 これはデジタル・一眼レフカメラをパソコンで制御し、自動的に撮影を行った画像を、ネット回線を使って転送、むなかた電子博物館上から観察できる仕組みです。


 北斗七星が写るかどうか実際に撮影して試してみようと、2014年5月29日に宗像市内を流れる釣川河口にある「北斗の水くみ海浜公園」で撮影テストを行いました。
 事務所屋上に「北斗の水くみ撮影システム」を設置し、調整を繰り返した結果、北斗七星の撮影に成功しました。

 この日は深く霞かかっていたのですが、暗くなるにつれて ひとつ ふたつと星が姿を現し始めました。日没から2時間ほど経って天頂付近にカメラのレンズを向けて撮影を始めました。

 北斗七星は、柄杓の様な形をした 2等星が6つと3等星が1つで構成される星座す。
 肉眼でも見つけやすいこの星座も、レンズに収めようともなれば 中々簡単にはいかないのが天体写真の難しい所です。今回構築を行ったこのシステムでは、その姿をくっきりと見ることができました。天候やタイミング次第では、もっと鮮明に捉える事も可能でしょう。

 すっかりと暗くなった夜の9時、システムの試験結果も先ず先ずということで運営委員とマージシステムの社員ともにほっと胸をなでおろし、解散となりました。
 今後は、実際にネット回線を使った配信や星空以外での使用についての検討や実地試験を行っていく予定ですのでご期待下さい。

北斗の水くみ海浜公園

 玄界灘が目前に広がるこの公園は、条件がよければ、あの沖ノ島までも見えてしまうという、絶好の観望ポイントです夏場はたくさんの海水浴客で賑わいます。
 北斗の水くみ海浜公園は、釣川河口の海に向って右側にあり、道の駅むなかたから釣川に沿って海に向った所に位置します。駐車場も完備しています。

 iinami.comで会員登録すると、北斗の水くみ海浜公園のライブ映像をインターネットで観察できます。
http://www.ii-nami.com/gt-tsurikawa




Copyright(c)Munakata Digital Musium All rights reserved.無断転載禁止
むなかた電子博物館は宗像市が運営・企画しています。


サイト内検索

history 歴史
culture 文化
nature 自然

仙人の七つ道具
  仙人のふしぎ地図

ご意見ボックス

宗像市の野鳥たちむなかたヒストリー探検隊探検!発見!むなかた宗像のわらべ歌むなかたギャラリー 今&昔
このサイトはFlashプラグインが必要です。こちらからダウンロードしてご覧ください。