City MUNAKATA Digital Archives
          
    サイトマップ  お問い合わせ
 
トップページ 歴史
     
  12/07/15   時間旅行ムナカタ第16回「日本海沿岸海女発祥の地 鐘崎の海女」

無題ドキュメント
時間旅行ムナカタ

時間旅行ムナカタ 第16回     


日本海沿岸海女発祥の地
鐘崎の海女

  時間旅行ムナカタ16号_イラスト 


2012年7月15日

優れた技術を持った海女

 鐘崎の海女(あま)について、江戸時代の学者である貝原益軒(かいばらえきけん)は「筑前国続風土記」の中で、「糸島から芦屋までの漁村のうち、鐘崎、大島、波津(はつ)、志賀島の村では、女の人が海女として働いている。特に、鐘崎の海女は漁が上手である」と書いています。
 鐘崎は、アワビやサザエが生息する漁場が狭かったため、鐘崎の海女は良い漁場を求めて出稼ぎに行くようになりました。やがて、海女の中には鐘崎に帰らず出稼ぎ地に定住する人が出てくると、その定住地で優れた潜水技術を教えました。このような海女の出稼ぎや移住のことを「海女あるき」と呼びます。
 こうして海女が移住した集落は、日本海側の各地にあり、東は石川県輪島の舳倉(へぐら)島、西は壱岐や対馬の曲(まがり)、五島列島まで及びます。このことから鐘崎は「日本海沿岸の海女発祥の地」といわれるようになりました。

江戸時代には300人

 鐘崎の海女は、江戸時代には300人いたといわれています。出稼ぎ先の各浦で海女漁がされるようになると衰退し、大正6年に200人に減り、昭和13年には130人、昭和26年に29人となりました。 これは戦後、ウェットスーツの普及で女性よりも皮下脂肪が少ない男性が素潜り漁をしやすくなったことが、海女の数が減った要因だといわれています。
 そして、現在はわずか2人だけになっています。

ジョウアマとガタアマ

 海女は「ジョウアマ(上海女)」と「ガタアマ(潟海女)」に分けられます。 ジョウアマは沖に出て漁をするため、深く潜ることができ、ガタアマは浅い磯部で漁をします。「福岡県史」にある鐘崎の民俗調査では、ジョウアマが12〜13尋(ひろ)( 18〜19メートル)、ガタアマが4〜5尋(6〜7メートル)潜ったと書かれています。海の道むなかた館で展示中の「水メガネ入れ箱」のふたにも12尋潜ったと書かれていて、来館した人に12尋を18メートルと説明すると非常に驚かれます。

海女の道具に見る魔よけ

 海の道むなかた館では、福岡県文化財指定の海女の道具を展示しています。その中から今回、アタマカブリとイソベコを紹介します。
 アタマカブリは頭部を水圧から守り、冷えないよう頭にかぶる布で、イソベコは海女が潜る時につける下着です。
 アタマカブリには「大」の字が刺しゅうされ、イソベコにはタコノマクラと呼ばれるヒトデ型・星型の刺しゅうがされています。この2つの刺しゅうは、魔よけのためだといわれています。
 鐘崎の海女が、なぜこの形を魔よけとしたのかには、いろいろな説があり、定かではありません。「大」の字の魔よけの事例には、お宮参りで子どもの額に「大」や「×」を鍋墨で書くアヤツコという魔よけの風習があります。調べてみると、「大」や「×」は2つの異なる世界が交わることを意味し、転じて魔よけとされたのではないかと考えられているようです。アタマカブリの「大」の字もこのような魔よけの意味があったのではないかと考えられます。
 星型の魔よけの事例は、西洋や日本でも呪術(じゅじゅつ)的な意味を持つ五芒星(ごぼうせい)が挙げられます。西洋では魔術の印として使われ、日本では陰陽道の呪符(じゅふ)として使われていました。鳥羽・志摩(三重県)の海女の磯テヌグイという道具には、「セーマン」と呼ばれる星型が魔よけとして刺しゅうされています。セーマンは、平安時代の陰陽師(おんみょうじ)の安倍晴明(あべのせいめい)の名前が由来しているといわれ、晴明の紋も星型です。イソベコに、なぜ魔よけとして星型がつけられたのか、謎が深まります。

時間旅行ムナカタ16号_アタマカブリ   時間旅行ムナカタ16号_イソベコ 

    アタマカブリ(福岡県文化財指定)          イソベコ(福岡県文化財指定)

(文化財職員・氏原知行)


■問い合わせ先    
郷土文化学習交流課(海の道むなかた館内)
TEL(62)2600




Copyright(c)Munakata Digital Musium All rights reserved.無断転載禁止
むなかた電子博物館は宗像市が運営・企画しています。


サイト内検索

history 歴史
culture 文化
nature 自然

仙人の七つ道具
  仙人のふしぎ地図

ご意見ボックス

宗像市の野鳥たちむなかたヒストリー探検隊探検!発見!むなかた宗像のわらべ歌むなかたギャラリー 今&昔
このサイトはFlashプラグインが必要です。こちらからダウンロードしてご覧ください。