City MUNAKATA Digital Archives
          
    サイトマップ  お問い合わせ
 
トップページ 自然
     
  08/09/24   「北斗の水くみ」写真展審査結果の発表です

「北斗の水くみ」写真展審査結果

 平成20年9月18日(木)午後1時より、「北斗の水くみ」写真展審査委員会が開催され、
入選作品5点(うち優秀作品2点)が選出されましたので、ご紹介します。

 <最終審査結果>

 最優秀作品 :該当なし

 優秀作品  :2点(入選作品の中から)

 入選作品  :5点

(以下、順不同、作者による写真タイトル、氏名、敬称略)

<優秀作品2点>

●「シルエット」(廣畑 直樹)

シルエット(saru28)
 
 (講評)岩影と向こうに見える傾いた北斗の構図がよかった。
 

●「大空の湖底で」(佐々木 一磨)

大空の湖底で(sasapon)

(講評)北斗の姿と空の高さがうまく表現されていた。

 

<入選作品3点(入選作品5点のうち優秀作品を除く)>

●「水平への挑戦」(中島 智彰)

水平への挑戦(youssou) 

●「やがて水汲み」(安倍 靖)

やがて水汲み(安倍 靖) 

●「はまゆう物語」(入江 弘)


はまゆう物語(入江弘)

 

<総評>

 世界的にも珍しく、壮大な宗像「北斗の水くみ」の写真展に取り組んだ応募者の皆様をはじめ、関心をお寄せいただいた皆様へ、心からお礼申し上げます。

 初めての試みでありましたが、「北斗の水くみ」写真展に12点の応募をいただきました。

 応募数はそれほど多くありませんでしたが、「北斗の水くみ」写真展ホームページのアクセス数や多くの問い合わせをいただいた状況から見て、たくさんの皆様が写真撮影に取り組み、応募の意思をお持ちだったと推測します。

 実行委員はじめ、写真、天文学、プラネタリウム・スタッフ関連分野で活躍する3人の外部委員に加わっていただき、全7人の審査委員による、厳正で、熱心な評価の議論を行いました。

 風景写真とは違い、星座撮影、天候変化(特に水平線付近の大気の乱れ)、移動する星座の撮影などには多くの困難があります。それらの悪条件を克服しての写真撮影は想像以上の難しさがあったことを諸作品からも見てとれました。

 写真展の趣旨から、
●「北斗の水くみ」の姿がうまく捉えられたか?
●星座と風景の組み合わせによる宗像近辺の海岸らしいおもしろい作品となっているか?
を主な要点として、応募作品の審査が行なわれました。

 まず、各応募者の複数の作品を議論し、さらに、各作品の星の適正露出、景色のおもしろさ
などのみちすじで検討を行いました。

 最終的に、再度、全体の評価を行った結果、5つの「入選作品」が選ばれました。

 また、入選作品中、2作品をより評価できる作品として、順位をつけず「優秀作品」としました。

 今回の応募状況から「天文ファンの参加が少なかったのでは?」、「もっと、北斗が水をくむ様子に迫る写真が欲しかった!」などの意見もありました。

 宇宙の悠久な姿をとらえる写真展として、2ヶ月の短い機会でシャッターチャンスを得るのはなかなか難しいことを審査員一同改めて感じた次第です。

 今後の更なる挑戦を皆様に期待したいと考えます。

 天候や深夜の撮影などを克服し、作品の製作に奮闘された応募の皆様に、審査委員一同心から敬意を表したいと思います。ありがとうございました。

「北斗の水くみ」写真展審査委員長 平井 正則

 

<審査委員> 

  伊津信之介*、斎藤年男、中野多恵、平井正則*、平松秋子*、

  藤原智子、堀内伸太郎*

注)*印は「北斗の水くみ」写真展実行委員

「北斗の水くみ」の詳しい内容はこちら




Copyright(c)Munakata Digital Musium All rights reserved.無断転載禁止
むなかた電子博物館は宗像市が運営・企画しています。


サイト内検索

history 歴史
culture 文化
nature 自然

仙人の七つ道具
  仙人のふしぎ地図

ご意見ボックス

宗像市の野鳥たちむなかたヒストリー探検隊探検!発見!むなかた宗像のわらべ歌むなかたギャラリー 今&昔
このサイトはFlashプラグインが必要です。こちらからダウンロードしてご覧ください。