City MUNAKATA Digital Archives
          
    サイトマップ  お問い合わせ
 
トップページ 自然
     
  05/10/17   「北斗七星水汲み観察会」に行ってきました!

「むなかた電子博物館」 -自然コーナー- むなかたの魅力ある自然 ・宗像の星空 
 第1回 企画運営委員会フィールドワーク企画
 「北斗七星水汲み観察会」に行ってきました!
 平成17年9月18日(日) むなかた電子博物館の企画運営委員会メンバーにて、「実際に北斗七星の水汲みを観察しよう!」ということで鐘崎海岸(国民宿舎ひびきの前)にて「北斗七星水汲み観察会」と銘打った観察会を行ってまいりました。

■満月の夜 天気はチョットご機嫌斜め?

 当日は、メンバー総勢 ? 人が午後7時40分位から徐々に集まりだし、予定の午後8時過ぎにはほぼ全員が集合、中には星座早見盤を持ってこられている方もおり、早速、位置の確認と星座の見方を子供さんに教えられている姿も見られました。
当日の天気は昼過ぎに少々雨が降ったため、事務局としても心配しましたが、午後からは少し雲が出てはいるものの問題なしとの判断から予定通り観察会を執り行うこととしました。当日の昼間も最高気温31.8℃まで上がりはしたものの、海岸は風もあり、満月の明かりで過ごしやすい夜でした。


みてごらん。ここが北斗七星で・・・。

■まずは、星の基本的な勉強から

 早速、集まったメンバーで海岸へと移動、月明かりを頼りに砂浜に集まりました。当然、星の先生は平井先生(福岡教育大学 教授)、みなさん熱心に星空を眺めています。先生からは、北の夜空を指差され「北極星を中心に星たちは毎日1回、反時計回りに回っています」「北斗七星の七つの星をつなぐと丁度、水を汲むひしゃくのような形になります(ひしゃくの枡にあたる4星と柄にあたる3星で出来ています)」「北斗七星も回っており、北極星と水平線の間を西から東へくぐる時に、まるで水を汲むひしゃくに見えます」と端的に説明を始められました。


北極星を中心に星たちは回っています。

■ちょうど宗像が絶好の場所

 先生からはさらに「毎日1回は水を汲む姿がみれますが、冬は夕方、春は昼間、夏は朝方と、明る過ぎたり、中途半端な明るさだったりでよく見えない。そこで、丁度夜に観察できるのが秋ということになります」さらに、「水平線にちょうど隠れるように見える場所は北緯33度から34度くらいの場所で、北の海が見える場所というのは世界広しといえど、日本の九州北部海岸でしかありません」「身近にこうして見る機会をもてるのは幸せなことだと思います」と、貴重なお話を聞かせていただきました。


身近で見える貴重な現象です。

■幻の“北斗七星水汲み”

 結局、始めてまもない頃は顔を出していた北斗七星も雲の中に隠れてしまい、なかなか顔を出してくれません。時間は刻々と過ぎていきましたが、参加者はみな砂浜に各々横になり、ご来光を待っていましたが、予定の時間に北斗七星は現れず、水を汲む瞬間を見ることは出来ませんでした。しかし、中秋の名月は綺麗に見えましたし、火星も見ることができました。
 夜の海岸で自然の風に当たりながら他愛もない話で盛り上がり、のんびりと過ごすことで、身も心も癒されたような一晩でした。


う〜ん。なかなか出てこない・・・;。
中秋の名月
当日、良く見えた火星
北斗七星は天気がよければ、こんな感じに見ることができます。

 参加委員コメント
・平松委員
今朝は予報どおり雨になりました。
先に帰ってしまい失礼しました。その後雲は切れたのでしょうか?
世界でただひとつの出来事を、たった1度の挑戦で見ることができるとは思いません。いつかその機会がくることを楽しみに待つことにします。
 みんなでフィールドへ出かけて自分のからだで感じてみる。今回はそういう意味で有意義だったと思います。
 王塚装飾古墳に描かれた満天の星空のように考古学と星は密接な関係があるようです。
 27日の委員会でお話が聞けることを楽しみにしています。

・伊津委員
みなさんお疲れさまでした。
北斗の水汲が見られず、残念でしたね。
ひびきの前は明るかったですね。
夕方晴れた日に、ひびきの先の海岸沿いを波津方面に様子見に出かけようと思っています。
それから、北斗七星が低い位置だと大きく見えるのに驚きました。
・本田事務局
私は23時に帰りましたが、残念ながら北面の雲は切れず、水汲み北斗は見れませんでした。月と火星は良く見えましたが・・・。
うちの子どもは、お月見と花火ができて楽しかったと言っていますので、北方が晴れている夜に鐘崎海水浴場へまた行ってみようと思います。
時期的には、今ぐらいが最も水汲み北斗を見やすい時期ですので。
平井先生をはじめ、参加いただきました皆様、お疲れ様でした。

 むなかた電子博物館より
これまで、参加委員も会議の席上でしか意見を交えなかったのですが、お互い自然と触れ合う共通の体験を通して、たくさんのことを感じ取ることができました。みなさんも是非、フィールドへ出てみて実際に自然を感じてみてはいかがでしょうか?
【北斗七星や宗像の星について】
 -自然コーナー- むなかたの魅力ある自然 ・宗像の星空

 




Copyright(c)Munakata Digital Musium All rights reserved.無断転載禁止
むなかた電子博物館は宗像市が運営・企画しています。


サイト内検索

history 歴史
culture 文化
nature 自然

仙人の七つ道具
  仙人のふしぎ地図

ご意見ボックス

宗像市の野鳥たちむなかたヒストリー探検隊探検!発見!むなかた宗像のわらべ歌むなかたギャラリー 今&昔
このサイトはFlashプラグインが必要です。こちらからダウンロードしてご覧ください。