City MUNAKATA Digital Archives
          
    サイトマップ  お問い合わせ
 
トップページnature 自然むなかたの魅力ある自然>宗像の山
     
  トップページhistory 歴史culture 文化調べる
     
 
nature 自然
   
むなかたの魅力ある自然
宗像の地形のようす宗像の山宗像の川宗像の星空大海“玄界灘”自然と産業 menuへ
宗像の山
前へ次へ
山々が市をとりかこむ
 宗像市は、釣川下流部を除くと、全体として周りを海抜200〜400m前後の低い山地や丘陵に囲まれた盆地状の地形をしています。
(カーソルをフキダシに合わせると山の高さを見ることができます。)

宗像の山々
名前(よみ)
標高
名前(よみ)
標高
湯川山 (ゆがわさん)
471m
磯辺山 (そべやま)
232m
孔大寺山 (こだいじさん)
499m
許斐山 (このみさん)
271m
金山 (かなやま)
317m
名児山 (なごやま)
165m
城山 (じょうやま)
369m
対馬見山 (つしまみやま)
238m
戸田山 (とだやま)
267m
在自山 (あらじやま)
249m
新立山 (しんたてやま)
(別名:権現山(ごんげんやま))
325m
御嶽山 (みたけさん)
224m
四塚連山(よつづかれんさん)
大島の山 その山地や丘陵は、北部に城山から孔大寺山に連なる急峻な孔大寺山地(四塚山地・四塚連山とも呼ぶ)が見られ、南部には磯辺山や許斐山などの低い山々の連なる宗像・鞍手低山地がある他は、宗像丘陵と総称される丘陵群から構成されています。

 市内からは、むしろ福智山塊や三郡山地などの市域外の山並みがよく遠望できます。

(左は大島にある御嶽山) 224m
471m 499m 317m 369m 267m 325m 296m 232m 271m 249m 238m 165m 224m


Copyright(c)Munakata Digital Musium All rights reserved.無断転載禁止
むなかた電子博物館はむなかた電子博物館運営委員会が運営・企画しています。


サイト内検索

nature 自然
自然と人々のくらし
宗像の生物たち
むなかたの野鳥たち
むなかたの蝶
宗像の植物
「北斗の水くみ」写真展
自然環境調査の報告書

仙人の七つ道具
  仙人のふしぎ地図

ご意見ボックス

早わかり宗像ナビ
むなかたギャラリー
むなかたヒストリー探検隊
このサイトはFlashプラグインが必要です。こちらからダウンロードしてご覧ください。