City MUNAKATA Digital Archives
          
    サイトマップ  お問い合わせ
 
トップページnature 自然むなかたの魅力ある自然>自然と産業
     
  トップページhistory 歴史culture 文化調べる
     
 
nature 自然
   
むなかたの魅力ある自然
宗像の地形のようす宗像の山宗像の川宗像の星空大海“玄界灘”自然と産業 menuへ
自然と産業
前へ次へ
宗像市の気候
 宗像市は九州北部の日本海側の気候として区分されています。
 年平均気温が15〜16℃以下でやや低く、とくに1月の平均気温は九州の他の地域より低温になっています。また、年間の降水量は1400mmから1500mmくらいしかありません。


 小笠原気団が発達する夏は、大気が安定して晴天が続きます。
 このため、低気圧がなかなか近づくことができず、雨を降らせる雲が発達しません。あちらこちらにため池が見られるのは、この時期を乗り切るための昔からの工夫です。


 シベリア気団が発達して吹き出す冬の季節風のため、日本海の水蒸気が雲へとすがたを変える場所に宗像市があるのですが、まわりの山々が低い要因も含め、大量の雨を降らせるまでの厚い雲が発達しないのです。


Copyright(c)Munakata Digital Musium All rights reserved.無断転載禁止
むなかた電子博物館はむなかた電子博物館運営委員会が運営・企画しています。


サイト内検索

nature 自然
自然と人々のくらし
宗像の生物たち
むなかたの野鳥たち
むなかたの蝶
宗像の植物
「北斗の水くみ」写真展
自然環境調査の報告書

仙人の七つ道具
  仙人のふしぎ地図

ご意見ボックス

早わかり宗像ナビ
むなかたギャラリー
むなかたヒストリー探検隊
このサイトはFlashプラグインが必要です。こちらからダウンロードしてご覧ください。