City MUNAKATA Digital Archives
          
    サイトマップ  お問い合わせ
 
トップページnature 自然むなかたの魅力ある自然>宗像の地形のようす
     
  トップページhistory 歴史culture 文化調べる
     
 
nature 自然
   
むなかたの魅力ある自然
宗像の地形のようす宗像の山宗像の川宗像の星空大海“玄界灘”自然と産業 menuへ
宗像の地形のようす
前へ次へ
田園が広がる宗像市
 宗像市の中でもっとも高い所は、孔大寺山(499m)から南東に伸びる尾根の北端の場所で463mと、あまり高くありません。



その一方でもっとも低い所は、西北端の釣川流域に広がる水田地帯で3mと、現在よりも暖かかった約6000年前の縄文海進の頃は、海水が入り込み、入り江になっていた所にあたります。

 ちなみに、中世建てられた宗像氏などの山城は369m、許斐山は271mあります。


Copyright(c)Munakata Digital Musium All rights reserved.無断転載禁止
むなかた電子博物館はむなかた電子博物館運営委員会が運営・企画しています。


サイト内検索

nature 自然
自然と人々のくらし
宗像の生物たち
むなかたの野鳥たち
むなかたの蝶
宗像の植物
「北斗の水くみ」写真展
自然環境調査の報告書

仙人の七つ道具
  仙人のふしぎ地図

ご意見ボックス

早わかり宗像ナビ
むなかたギャラリー
むなかたヒストリー探検隊
このサイトはFlashプラグインが必要です。こちらからダウンロードしてご覧ください。