City MUNAKATA Digital Archives
          
    サイトマップ  お問い合わせ
 
トップページ歴史むなかた今昔
     
  トップページculture 文化nature 自然調べる
     
 
history 歴史
     
年表歴史の紹介
古代から現代まで、時代ごとに、「むなかた」の悠久の歴史の流れを年表にまとめました。"歴史の紹介"と共にご活用下さい。

年 世紀 時代 宗像のできごと 年号 人物 おもなできごと 年号
    日本国の成り立ち 日本のあけぼの       ・かりや漁のくらし(約1万年の間続く)  
  ・手光酒屋遺跡ナイフ型石器
約13000
年前
     
・鐘崎貝塚
約3000
年前
     
・手光於緑遺跡
約2500
年前
     
・今川遺跡
紀元前
約160年
     
・手光於緑遺跡ほか弥生遺跡が多くなる
紀元前
約100年
     
・「三国史」に海女の記述
3世紀
     
・魏志倭人伝        
・朝町竹重遺跡
弥生時代
     
・東郷高塚古墳(宗像地区最古の前方後円墳)
4世紀後半
     
・久原遺跡 (ユリックス)
弥生〜
古墳時代
     
・鐘崎海女        
      ・今から2300年ほど前、米づくりが大陸から伝わる  
       ・小さなくにがあちらこちらにできる  
300
4
古墳時代 ・宗像沖ノ島祭祀が始まる
約350
  ・大和朝廷(やまとちょうてい)の国土統一が進む  
400
5
         
500
6
・桜京古墳(前方後円墳)国指定史跡
6世紀前半
     
・津屋崎古墳群
5〜6世紀
     
・群集墳が多くつくられる
約580
     
600
7
・手光波切不動古墳
約600
  ・聖徳太子(しょうとくたいし)が17条の憲法を定める
604
      ・中国(ちゅうごく)(隋(ずい)、唐(とう))に使いを送るようになる  
・平等寺瀬戸遺跡(円墳)
6世紀後半
  ・大化の改新(たいかのかいしん)
645
・天武天皇、胸形君徳善の女、尼子娘を召し、高市皇子をもうける
654
(655の説もある)
胸形君徳善
尼子娘
高市皇子
   
 ・長屋王生まれる(高市皇子の子)
684
     
700
8
貴族の世の中 奈良時代 ・宗像郡大領が鮒鮨・鯛醤を長屋王邸に送る
約711

717
  ・奈良に都を移す 
710 
・宗像出身者の活躍
約748
     
・玄海町鐘崎に船着き場をつくる
767
     
平安時代       ・京都(きょうと)に都を移す
794
800
9
      ・藤原氏(ふじわらし)がはじめて摂政(せっしょう)になる
866
・宗像沖ノ島祭祀のおわり
約898
     
900
10
・神興廃寺の延喜11年銘の瓦
911
     
・宗像宮初代大宮司職に宗像氏能
978
宗像氏能    
1000
11
      ・藤原道長(みちなが)が摂政になる
1016
      ・藤原氏が栄える  
      ・武士の力が強くなる  
1100
12
・本木の荘園開発がすすむ        
・本木の石塔
1125
  ・平氏(へいし)が栄える  
・高平の経筒が埋められる
約1162
     
      ・源氏(げんじ)が平氏をほろぼす
1185
・宗像氏が源頼朝の御家人となる
1187
     
・色定法師、一筆一切経の書経を初める
1187
色定法師    
武士の世の中へ 鎌倉時代       ・源頼朝(みなもとのよりとも)が鎌倉(かまくら)に幕府(ばくふ)を開く
1192
1200
13
・書経を終る
1227
     
・文永の役
1274
  ・元(げん)が2度もせめてくる
1274
1281
・元寇防塁がつくられる
1276
     
・弘安の役
1281
     
1300
14
・多々良浜の戦い
1336
     
・足利尊氏、いくさに負け宗像大宮地館に入る
1336
  ・鎌倉幕府がほろびる
1333
室町時代(南北朝時代)(戦国時代) ・筑後川の戦い     ・足利尊氏(あしかがたかうじ)が京都に幕府を開く
1338
      ・南朝(なんちょう)と北朝(ほくちょう)の対立が続く  
1400
15
・宗像氏経が朝鮮に使者を送る
1412
宗像氏経 ・農村に自治がめばえる  
・筑前が室町幕府の直轄地となる
1429
  ・各地に大名(だいみょう)が生まれる  
      ・応仁の乱(おうにんのらん)がおこる
1467
・大内政弘が筑前・豊前を支配
1478
     
         
1500
16
         
・宗像氏男の妻と娘が支配権をめぐる争いで殺される
1552
菊姫    
・立花合戦
1569
     
      ・織田信長(おだのぶなが)が室町幕府をほろぼす
1573
・舎利蔵の「十月祭」が始まる
1575
     
・小金原の戦い
1581
     
・宗像氏貞が亡くなる
1586
     
・宗像大宮司80代氏貞死去、宗像氏断絶
1586
宗像氏貞    
 ・豊臣秀吉の命で小早川隆景花城に入城し、名嶋城を築城
1588
小早川隆景    
安土桃山時代       ・豊臣秀吉(とよとみひでよし)が全国を統一する
1590
・石田三成 博多を出て赤間に宿泊
1598
(石田三成)    
1600
17
・黒田長政、筑前へ
1600
黒田長政    
武士の世の中 江戸時代       ・徳川家康(とくがわいえやす)が江戸に幕府を開く
1603
・宗像の検地が終わる
1604
     
      ・参勤交代(さんきんこうたい)の制度が定められる
1635
      ・島原(しまばら)、天草一揆(あまくさいっき)
1637
         
      ・鎖国が完成する
1639
・内殿の宮座が始まる
1640
     
・義民六士
1640
     
・唐津街道の畦町宿が開かれる
1642
     
1700
18
・川島半兵衛「宗像軍記」
1704
     
・宗像郡武丸の正助の孝行をほめる
1710
正助    
・竹田春庵「筑前国武丸正助伝」を書く
1730
  ・ききんが続き、一揆や打ちこわしが多くなる  
・畦町の大火(19軒焼失)
1754
     
・畦町の大火(150軒焼失)
1769
     
・福間町に伝染病が流行
約1770
     
・柳井池に清滝水路から導水
1772
     
・畦町の大火(104軒焼失)
1792
     
・青柳忠信   紀行文
1794
青柳忠信    
19
・伊能忠孝
1812
(伊能忠敬)    
・鐘崎浦、地島測量   中津文庭    
・福間町の大火(46軒焼失)
1818
     
・福間町の大火(46軒焼失)
1826
     
・本木村で天然痘が流行
1827
     
・北部九州で大台風
1828
     
・福間浦の大火(29軒焼失)
1829
     
・宗像地方で大洪水
1840
     
・百武万里が筑前で初めて人体を解剖
1841
     
      ・ペリーが浦賀(うらが)に来る
1853
・福間浦が鰯網大漁絵馬を諏訪神社に奉納
1857
     
      ・各国と通商条約を結ぶ
1858
・大森下池に清滝水路から導水
1862
     
・五卿、赤間宿に滞在
1865
  ・薩摩藩(さつまはん)と長州藩(ちょうしゅうはん)が連合する
1866
明治からの世の中 明治時代       明治維新(めいじいしん)、江戸を東京とする
1868
1870
・福間浦の大火災(20軒焼失)
1870
     
      ・廃藩置県(はいはんちけん)が行われる
1871
         
         
         
・久末に小学校が開校
1873
  ・徴兵令(ちょうへいれい)が出る
1873
・筑前竹槍一揆が起こる
1873
  ・地租改正(ちそかいせい)
1873
・畦町・八並・福間・西郷・松原・六郎丸に小学校が開校
1874
     
・畦町郵便役所が開設
1874
     
・下西郷村・福間浦が合併し下西郷村となる
1876
     
      ・西南戦争
1877
1880
・国道第3等路線(赤間〜箱崎)が開通
1880
  ・全国の代表が国会を開くよう政府に意見書を出す
1880
      ・自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)がさかんになる  
・本木・畦町・内殿・舎利蔵・上西郷が合併し上西郷村となる
1889
  ・大日本帝国憲法(だいにっぽんていこくけんぽう)が発布(はっぷ)される
1889
・八並・村山田・津丸・久末・手光が合併し神興村となる
1889
     
1890
・九州鉄道(博多〜赤間)が開通
1890
  ・第1回帝国会議が開かれる
1890
・福間駅が開設
1890
     
・中村研一画伯生まれる
1895
中村研一 ・イギリスとの間の条約改正に成功する
1894
・中村琢二画伯生まれる
1897
中村琢二    
    安部清美 ・日清戦争(にっしんせんそう)
1894

1895
    沖ツ海福雄 ・ロシアなど三国が日本に干渉(かんしょう)する
1895
1900
20
・神興共立医院が開院
1899
     
      ・日露戦争(にちろせんそう)
1904

1905
・馬車鉄道(福間〜宮司)が開業
1908
  ・重工業がしだいに発達する  
・下西郷村を福間町と改称
1909
     
1910
      ・韓国(かんこく)を併合(へいごう)する
1910
      ・条約改正を完全に達成する
1911
大正時代       ・第一次世界大戦に加わる
1914

1918
      ・労働運動や普通(ふつう)選挙運動がさかんになる  
1920
      ・国際連盟(こくさいれんめい)に加わる
1920
・湾鉄(新博多〜宮地岳)が開通し、筑前福間駅が開設
1925
  ・普通選挙制が定められる
1925
昭和時代 ・田中幸夫「宗像郷土館」をつくる
昭和初
田中幸夫 ・世の中が不景気になる  
・釣川式土器の名        
1930
      ・満州事変(まんしゅうじへん)
1931
      ・軍人が政治に強く口出しするようになる  
      ・国際連盟から脱退(だったい)する
1933
・内務省が手光の定礼を調査
1935
     
      ・日中(にっちゅう)戦争が始まる
1937
1940
      ・第二次世界大戦
1939

1945
      ・ドイツ、イタリアと同盟を結ぶ
1940
      ・太平洋戦争(たいへいようせんそう)
1941

1945
      ・広島(ひろしま)、長崎(ながさき)に原子ばくだん
1945
戦後の新しい日本       ・連合軍にこうふくする
1945
・神興共立医院が閉院
1946
  ・日本国憲法が公布(こうふ)される
1946
・新制中学校が開校
1947
     
・城山中学校・中央学校開校
1947
     
         
1950
・西鉄宮地岳線の筑前福間駅が西鉄福間駅と改称
1950 
  ・サンフランシスコ平和条約が結ばれる
1951
・北部九州が大水害(二八災害)
1953
  ・日米安全保障(にちべいあんぜんほしょう)条約が結ばれる
1951
・福間町・神興村・上西郷村が合併し新しい福間町となる
1954
     
・宗像町誕生
1954
     
・福間町が国民健康保険事業を開始
1955
     
         
      ・国際連合に加わる
1956
      ・技術革新(ぎじゅつかくしん)がめざましく進み始める  
1960
         
      ・環境(かんきょう)破かいが進む  
1970
・大井ダム完成
1970
  ・沖縄(おきなわ)が本土に復帰する
1972
・福間海岸道路が開通 
1972 
  ・中華人民共和国(ちゅうかじんみんきょうわこく)と国交を正常化する
1972
・国道3号線福間バイパスが開通
1975
     
・国鉄東福間駅が開業
1978
  ・中華人民共和国と平和友好条約を結ぶ
1978
1980
・宗像市となる
1981
  ・日米の貿易まさつがはげしくなる  
・宗像ユリックスオープン
1988
  ・アメリカとソ連が核兵器(かくへいき)を制限する条約を結ぶ
1987 
1990
平成時代 ・韓国金海市と姉妹都市に 
1992 
  ・ソ連が解体し、ロシアなど15の国々に分かれる
1991
      ・日本が、子どもの権利条約を承認(しょうにん)する
1994
      ・阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)がおこる 
1995 
2000
         
 
ページTOPへ



Copyright(c)Munakata Digital Musium All rights reserved.無断転載禁止
むなかた電子博物館はむなかた電子博物館運営委員会が運営・企画しています。


サイト内検索

history 歴史
むなかた今昔
ナゼ?ナニ?地名講座
くらしと共にあった道具
むなかた人物伝
年表

仙人の七つ道具
  仙人のふしぎ地図

ご意見ボックス

早わかり宗像ナビ
むなかたギャラリー
むなかたヒストリー探検隊
このサイトはFlashプラグインが必要です。こちらからダウンロードしてご覧ください。