City MUNAKATA Digital Archives
          
    サイトマップ  お問い合わせ
 
トップページculture 文化文化を楽しもう文化財あれこれ>沈鐘伝説
     
  トップページhistory 歴史nature 自然調べる
     
 
culture 文化
     
マップメニュー 地域メニュー
沈鐘(ちんしょう)伝説沈鐘伝説
写真ナビ>>> 岩塊   織幡宮
 

どうやって引き揚げたんだろう

 万葉集に「ちはやぶる金の岬を過ぎぬとも我は忘れじ志賀の皇神(巻七・一ニ三○)」とよまれる鐘崎は、潮流が激しく、暗礁が多いため航海の難所として古くから知られています。
  鐘崎の地名の由来は、昔、海の向こうから運ばれてきた大梵鐘が、岬近くの海中に沈んだという伝説にちなんだものといわれています。その鐘を海中から引き揚げようという試みがこれまで幾度か行われてきましたが、いまだに見つかっていません。
  室町時代に宗像神社大宮司興氏、また近世には黒田長政公が女性の髪で綱を作り引き揚げかけたのですが、いずれも暴風雨がおき中止となったそうです。
  大正時代にも嘉穂郡穂波町の実業家、山本菊次郎氏が挑戦したのですが、引き揚げられたのは釣鐘状の巨大な岩塊でした。現在その岩塊は織幡宮(おりはたぐう)の境内におかれ、そのいわれを記した碑が立てられています。多くの人々を魅了してやまない幻の大鐘は、ロマンを秘めたまま今も海中に沈んでいるのでしょうか。

文化の先生


Copyright(c)Munakata City All rights reserved.無断転載禁止 このホームページは宗像市が運営・企画しています


サイト内検索

culture 文化
文化財を守るしくみ
文化を楽しもう!
むなかた学びの案内所

仙人の七つ道具
  仙人のふしぎ地図

ご意見ボックス

早わかり宗像ナビ
むなかたギャラリー
むなかたヒストリー探検隊
このサイトはFlashプラグインが必要です。こちらからダウンロードしてご覧ください。